前へ
次へ

お葬式にかかる費用を安くするためには

お葬式には、平均して200万円ほどの費用がかかります。
内訳としては、葬儀一式の費用が約120万円、飲食の費用が約30万円、お寺にかかる費用が約50万円となっており、地域やお寺によってかかる費用が違うことが特徴となっています。
お葬式の費用を安くするためには、葬儀の形式や参列者の規模を考慮する必要があります。
お葬式の形式としては、一般的にイメージするお葬式である「一般葬」や、身内だけで行う「家族葬」、そして火葬のみを行う「火葬式」などがあります。
「一般葬」は、約50人程度の参列者がいる場合に用いられる形式であり、約90万円の費用がかかります。
また「家族葬」は、親戚や親しい友人等を加えた約20人程度の小規模な葬儀のことを指し、約60万円から葬儀を行うことができます。
そして「火葬式」は、通夜や告別式などの式を行わず、身内だけで火葬だけを行う葬儀のことを言い、約20万円の費用で行うことが可能となっています。
このように、葬儀の形式や参列者の規模を考えることで、お葬式にかかる費用は違うため、それぞれに合った葬儀を選び、式を行うことが大切です。

Page Top