前へ
次へ

香典の表書きで注意が必要なポイント

葬式に参列する際には香典を持参する事になりますが、香典を包む場合の表書きには注意が必要となります。
注意すべきポイントとなるのは、香典の表書きは宗教の違いによって違いがあると言う事ですが、亡くなった方の宗教は分からないケースが多いと言う実情があります。
そこでオールマイティーに使え無難な表書きとして用いられるのが、ご霊前と言うワードになります。
ご霊前は宗教に関わらず使えますので、亡くなった方の宗教が不確かな場合には、ご霊前が有効がと覚えておくと良いでしょう。
もう一つ、ご仏前と言うワードを表書きに使う際に気をつけなければならないのは、使う時期が挙げられます。
それは基本的にご仏前と言うワードは、四十九日以降に使うワードとなっているからです。
例外としては浄土真宗の場合には、四十九日以前の亡くなった直後から表書きに使っても良いとされています。
最近はネットでも香典のルールを検索できますから、事前に調べておくのが無難です。

Page Top