前へ
次へ

葬式は家族葬にして正解だと感じました

祖父が大規模な葬儀を望んでいなかったということもあり、父と話し合い家族葬にすることに決めました。
父もある程度歳をとっていたし体調も芳しくないので、一緒に喪主を務めるという感じでしたが、家族葬なので特に大変なことはないだろうと思っていました。
でも、いざ執り行うとなったときに、親戚などに電話で連絡すると、家族葬は世間体的にどうなんだと言ってくる人もいたので、納得してもらうのは少し大変でした。
でも、家族葬にしたおかげで会葬者に対して気を使わなくてはならないということにもならなかったし、家族みんなで最後の別れの時間をゆっくりと惜しむことができたのでよかったなと感じました。
挨拶をしたりする必要がないので精神的にも楽だったし、香典返しなどの返礼品のことも考えなくて良かったのでかなり気軽でした。
家族葬といっても内容は一般的な葬儀と変わらず、規模が小さいだけなのでしっかりと満足できる葬儀を執り行えました。

Page Top